夢のトランスミッションとまでいわれた「DCT」はなぜ普及しない? ATが主流の理由とは | くるまのニュース

記事
検索

夢のトランスミッションとまでいわれた「DCT」はなぜ普及しない? ATが主流の理由とは
AT限定免許を持っている人が運転できるのはオートマ車と呼ばれる2ペダル車だ。2ペダル車のなかにも、トルコンATやCVT、AMTなどがあるが、そのなかのデュアルクラッチ式トランスミッション(DCT)は、伝達効率や素早い変速レスポンスで、登場当初は「夢のトランスミッション」ともてはやされた。いま、現状はどうなのだろうか。
記事
広告
高原書店

コメント

タイトルとURLをコピーしました