電気自動車メーカーのテスラは自社製自動車にいち早く「オートパイロット機能」を実装していますが、同機能は「車線を誤認することがある」ということがドライバーにより度々報告されています。この「車線の誤認」により、テスラの電気自動車が何度も交通事故を起こしていることが知られており、これらの衝突事故については記事作成時点でも調査が続いています。そして新たに公開された調査報告書から、テスラの衝突事故により死亡した人物が同社のオートパイロット機能について不満をぶちまけていたことが判明しました。

情報源: テスラのオートパイロットについて不満をぶちまけていたAppleのエンジニアがモデルXの衝突事故に巻き込まれて死亡していたことが明らかに