自律走行車が普及し、ますます「シェア」の文化が定着し、人はクルマを所有することがなくなっていく。そんな未来におけるクルマのデザインと、それに乗る人々の体験を、IDEOが描いた。

情報源: ガラス張り車両、騒音消去モード…IDEOがデザインする「2027年のライドシェア体験」|WIRED.jp