皆様のお盆休みはいかがでしたか?今年は高速料金の割引もあり、ガソリンも昨夏ほど高くなくてクルマで帰省、旅行をされた方も多かったのでは。

当店では数年前から「車中泊」に関する本がよく売れていますがオートキャンプ関連のものも根強く、90年代のRVブーム以降すっかり定着した感じがあります。

最近目を引くのが軽自動車のキャンピングカーのガイドブックで、中を見るとこんなに種類があるのかと驚きました。 限られたスペースを器用に使ってよく考えてあるなぁと感心。 軽なら維持費や置いておくスペースなどが少なくてすみ、狭い道にも難なく入って行けそうだし、まさに日本にぴったりのキャンピングカーかも。 釣りなどの趣味のお供や一人旅など、”オートキャンプ”にこだわらず色々な楽しみ方がありそうです。 興味の無い方も一度パラパラめくってご覧ください。なかなか面白そうですよ。

その他のキャンピングカー関連の書籍、カタログはこちらです。

最後にこれはアメリカのモーターホームです。 さすがにこんな大きなものは少数派ですが、小型バス位のものはけっこう需要があるようです。
marquis-11

 

 

 

 

 

 

 

中はこんなにゆったり。 この奥の部屋にはクイーン、又はキングサイズのベッドがあります。
marquis-22

 

 

 

 

 

 

 
ここに載せたのはビーバー社の中で一番大きな「マーキス・シリーズ」です。参考までにお値段は2009年モデルの場合”$603,900(約5600万円!)から”だそうです。