1.5リッターF1最後のグランプリでホンダが初優勝した。1965年10月24日にメキシコシティで行われたこのレースはリッチー・ギンサーが勝利しました。レース後に発行された雑誌でこのときのオイルがBPであることを宣伝しています。

この時代グランプリや国際ラリーが行われた際に優勝した車輌に使用されていたオイル、ガソリンやプラグ、ショックアブソーバーのようなパーツ類のメーカーが勝利の報告と同時にそのメーカーの広告を掲載することが一般的でした。