アストンマーティンが発売した新型コンヴァーチブル「DB11ヴォランテ」。そのルーフ機構の開発に、同社は4年をかけたのだという。極めて過酷な環境にも耐えると同時に、複雑な機構と美しいデザインを両立させるという離れ業を、どのように実現していった

情報源: アストンマーティンの新型コンヴァーチブル、その美麗なルーフを支える複雑な機構ができるまで|WIRED.jp