子どものときに行った自動車のイベントで本物のF1マシンと出会い、その魅力に取りつかれてしまったミショ・クズマノヴィッチさんは「いつか本物のF1マシンを作りたい」と考えるようになりました。そして、大

情報源: F1マシンに憧れてフォーミュラカーを自作してしまった猛者が登場