今年のル・マン24時間レースに、壊疽性筋膜炎で四肢を切断したフランス人が参戦した。彼らのチームは、出場資格を得るために課せられたさまざまなルールをアイデアとテクノロジーで解決した。

情報源: 両手両足を失って、彼は「ル・マン」に挑み、見事に完走した|WIRED.jp