久しぶりに、読み応えのある書籍に出会いました。
序章は確認しながら理解をして、読みましたが
第1章から始まったストーリーには一気にのめりこみました。
井上さんをはじめとする登場人物の努力と
時間経過の緊張感に感動しました。
是非、読んでいただきたい1冊です。