1965年イタリアGPのピット風景ですが、なかなか興味深いです。
1.5リッターF1時代の中でフェラーリがV8の158からフラット12の
512に移行を開始するポイントがこのイタリアGPで、2台のV8に
挟まれる形でフラット12がいます。